専攻の教育ポリシー

修士課程
人材養成の目的
 本課程では、安全にかつ安心して暮らすことのできる持続可能な社会を実現するために、既存の概念を超えた新しい機能と物性を持った極限物質・極限材料の創製において、グローバルな視野と総合的判断力を有し、企画力・創造的実践力と指導力を発揮して社会に貢献できる研究者及び技術者を養成することを目的としています。
入学者に求める能力と適性
  • 理工系の十分な基礎学力とともに、物質・材料系の基礎専門力を有する。
  • 英語を理解し、英語による説明と文書化の能力を有する。
  • 論理的に思考し、表現し、議論する能力を有する。
  • 本課程の人材養成の目的を理解し、修得した能力をもって社会に貢献しようとする高い志を有する。
入学者の選抜方針
 上記能力と適性を有する人材を選抜するため、本専攻では物理、化学、材料科学等のいずれかの専門科目の筆答試験を実施します。また、英語能力は本専攻の実施する英語の筆答試験および英語外部テストのスコアにより評価します。加えて、適性を評価するために口頭試問を実施します。なお、学部等時代の成績、志願者の意思、志望理由をもとに選出した志願者に対する口述試験による選抜も実施します。
修得する能力
 本課程では、上記の目的のために、次のような能力を修得することを目指します。
  • 物質・材料科学に関する研究・技術開発に必要な理工系専門学力と論理的思考力
  • 隣接する境界領域分野を含め異分野の人とも協力して、新分野の研究・技術開発の展開を図る礎となる教養および柔軟な思考力
  • 物質・材料科学に関する様々な知識を総合し、隣接する境界領域分野の技術を統合して「もの」を作り上げる力
  • 英語によって専門分野・境界分野の科学技術を理解する能力
  • 社会に対し説明責任を果たせるようなコミュニケーション能力と高い倫理観
教育内容
 本課程では、上記の能力を身に付けるために、次のような内容に沿って教育します。
  1. 物質・材料科学の基礎、先進理論及びその応用としてのデバイス、システムの基礎を学ぶ専門科目 学部までに学んだ理工系専門基礎学力を物質・材料科学の視点で基礎から段階的に専門分野を確立するため、さらにはそれらを応用したデバイスやシステムなどのものづくりのための基礎理論を履修します。
  2. 物質・材料の周辺領域の基礎専門 A)で学んだ物質・材料科学の専門分野を周辺領域に拡張しながらデバイスやシステムづくりのための要素技術や理論を履修します。
  3. 物質・材料科学の基礎及びその応用を英語で学ぶ専門科目 A)で学ぶ物質・材料系専門分野を英語で理解、説明できるように用語・用法を履修します。
  4. 文理融合型科目、語学・コミュニケーション能力などを磨く教養科目 A)~C)の専門的知識を実践する、あるいは啓蒙するために必要となる教養の修得やコミュニケーション能力の養成のために履修します。
  5. 修士論文研究における企画・遂行・説明・対話能力など実践的スキルを養成する研究科目 修士論文研究を進めるにあたっての研究計画・結果に関するプレゼンテーションや質疑を通して、目標に至るまでの道筋や位置付けについての理解を深めるとともに効率的な研究の進め方について課題設定・解決力の向上を図ります。
  6. 修士論文研究 課題解決力に関する一般・専門知識を講義で学び、修士論文研究で実践します。2年間にわたって、E)に示す論文関連科目を履修しながら、指導教員と他教員からの指導を通じて、実践的問題解決力の向上を図ります。
博士後期課程
人材養成の目的
 本課程では、修士課程において養成する人材の備える能力を前提に、新しい知や技術を見出し、その領域を開拓・発展させる実践的能力に加え、国際的にリーダーシップを発揮できる、より高度な研究者及び技術者の養成を目的としている。
入学者に求める能力と適性
 修士課程において修得した能力を有することを前提として、下記の能力・適性を有する人材を求めます。
  • 物質・材料系の専門力を中心に理工系の十分な基礎学力を駆使して、自ら未知の分野を開拓し発展させる研究を遂行する能力と意欲を有する。
  • グループを組織してまとめていくために、あるいは成果を社会に広めるために必要な論理的説明、議論と交渉に誠意と熱意をもって取り組める。
  • 本課程の人材養成の目的を理解し、自ら開拓し発展させる分野から社会に貢献しようとする高い志を有する。
入学者の選抜方針
 上記資質と能力を有する人材を選抜するため、英語能力は本専攻の実施する英語の筆答試験により評価し、研究遂行に必要な能力と適性を評価するために修士論文などの発表と質疑による口頭試問を実施します。
修得する能力
  • 物質・材料科学に関する新しい領域を開拓・発展させるのに必要な高度な専門学力と論理的思考力
  • 専門分野周辺の領域を統合して「もの」を作り上げることにリーダーシップを発揮できる幅広い知識・思考力・交渉力
  • 社会に対し説明責任を果たせるような日本語及び英語によるコミュニケーション能力、新しい領域を拡大
  • 深化させるのに必要な説得力とともにその行動規範となる高い倫理観
教育内容
 本課程では、上記の能力を身に付けるために、次のような内容に沿って教育します。
  1. 修士論文研究における企画・遂行・説明・対話能力など実践的スキルを養成する研究科目 博士論文研究を進めるにあたっての、研究計画・結果に関するプレゼンテーションや質疑を通して、物質・材料科学分野の高度専門知識と周辺分野を含めた幅広い専門力に加えて、これらの論理的思考力、コミュニケーション能力を養成します。
  2. 博士論文研究 世界的水準の研究を自ら構築する能力を修得するために、博士論文研究を実施します。3年間にわたってA)に示す研究科目を履修しながら、指導教員と他教員からの指導を通じて実践的問題解決力の向上を図ります。